MENU

ブログが長続きしない理由

書くネタがない

よく書くネタがないとかを理由に続かないという人がいますが、
本当にそうでしょうか。

ネタなんかいくらでもあります。
お昼に何を食べたのかを記録すれば食べ物ブログができるし、
ペットを毎日撮影すれば動物日記になる。
ゲームをするならプレイ日記。
映画を見るなら感想日記。

日記という概念も捨てて、
好きなことを好きな時に書けばいいだけ。

書くネタは自分の周りにゴロゴロ転がってます。
続かない理由は続ける動機がないから。
モチベーションが続かないと言い換えてもいいのかな。

モチベーションの維持に必要かなと思われるものを、
私なりにいくつかリストアップ。

高望みしない

ペット日記で最高のベストショットは必要ないです。
普段の生活を記録すれば。
寝てる姿でもいいし、ご飯食べてるところを画像にしてもいい。

ダラダラとプレイしてるゲームの記録をそのまま書けばいい。

自分にとってはどうでもいい記録でも、
見てる人には重要だったりすることもあります。
動物の写真を見てるだけで気が休まるする人もいますし。

日々書くネタで高すぎる目標を立てると挫折します。
普段のままを書けばいい。
毎日続ける必要もない。
週3でもいいし、週1でもいい。
止めずにとにかく続けること。

記録をつける習慣を持つ

どうでもいいことでもメモや画像でとりあえず保存しておく。
それが後々書くネタになったりすることもあります。
オンラインストレージ等に突っ込んでおけば容量の心配も必要ないです。

書く理由を見つける

ネタは探せばいっぱいあるのに書けない続かない。
書く理由や動機がないから、書こうって気にすらならない。

動機づけの1つとしては、アフィリエイトがあります。
広告と聞くとみんなが嫌がってるからやりたくないとか、
イメージが良くないという理由で抵抗がある人がいますが、
モチベーションの維持の意味では結構効果があります。
結果が数字となってモロにでますので。

儲けるためじゃなくていい。
レンタルサーバー代や独自ドメイン代ぐらい出れば。
自分の好きなことを書いてるだけなのにコストゼロなら最高でしょう?
アフィリエイトというと儲けてるような印象を受けるでしょうけど、
アフィリエイト収入「月3万円以上」は2.4%、8割が「1000円未満」
実態はこんなもんで、サーバー代の捻出も結構大変です。

記事数が少ないと広告の比率が高くなるから記事数増やす必要があるし、
うざくない位置に広告を設置するなどのレイアウト上の配慮も必要。
アクセス数を伸ばすためにはどうすればいいのか内容の再検討も必要。
やることはいっぱい出てきます。
その奮闘記を記事にしたっていい。

ほら、ネタに困らないでしょう。

閲覧者の反応を視覚化する

せっかく記事を書いても無反応。
または反応を見る術がない。
これだとやる気もなかなか湧いてこない。

見てる人にコメントを要求しても、
見てる人からすりゃめんどくさいからなかなかコメントはもらえません。
自分だってそうでしょう?
見るのは多いけど、書き込むとなると極端に少なくなる。
無理やり相手からの反応を要求しても無意味なのでやらない。

そこで、WEB拍手やツツイートボタンやイイネボタンなどを設置。
ワンクリックの簡単操作で済むシステムをブログに導入する。
拍手数が増えたりツイートされてるとモチベーションアップですよ。

アクセスカウンターを設置する。

これもモチベーション維持に有効です。
アクセス数を数えたところで意味がないとわかっていつつも、
数が増えていくとやっぱりうれしいもんです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる