MENU

EaseUS Todo Backup

20140613.jpg

2014/06/10 – 06/13まで
http://jp.easeus.com/campaign/todo-backup-home.html
メールで送られてくるキーを使い、
13日12時までに認証しないといけないみたいです。
製品版として全機能を使用できますが、アップグレードとサポートなし。

バックアップソフトで有名なTrueImageを使っていましたが、
OSをアップデートするとインストールできなかったりして、
新OS対応のTrueImageを買いなおす羽目に。
買い替えコストも馬鹿にならないため、類似ソフトを探してみることに。
そこで見つけたのが、EaseUS Todo Backup

中国製ソフトですので、
抵抗のある人は避けたほうがよいでしょう。

OS(システム)のバックアップ
パーティションのクローン
ブータブルディスクからの復元
フリーソフトでありながら一通りバックアップソフトとしての機能を完備。

ブータブルディスクというのは、
OSが起動しなくなるとTodoBackupも起動できないわけで、
OSをインストールしなおしてから復元なんてやってるとめんどくさいから、
OSが起動しない状態からでもバックアップを復元させることができるディスク。
保険的な意味でブータブルディスクは作っておいた方がいい。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

フリー版と有料版の違いは機能の制限。

フリーはデータ圧縮が標準まで。
Cドライブのみバックアップ可能。
バックアップファイルにパスワード保護でがきません。
ブータブルディスクは、WinPe版は使えずLinux版のみ。
システムの復元はLinux版でもできるから問題なし。

04.jpg

05.jpg

フリー版は機能制限され、やや使いにくくなっているものの、
バックアップツールとしては問題ないレベル。

TodoBackupの常駐プログラムがTrueImageより若干メモリの使用量が多いぐらいかな。
TrueImageの時は5メガ前後で、TodoBackupは8メガ前後。

たまに使う程度の私にはこれで十分そうです。
といいつつ、またTrueImageに戻りました。

補足

無料版はHDDの種類がベーシックじゃないと復元できないっぽいです。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→
ハードディスク パーティションの作成とフォーマットを選択。

バックアップ対象HDDがダイナミックになってるとダメみたい。
ベーシックに変換してください。

EASEUS Partition Masterで変換できます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる